義肢・装具 耐用年数一覧表

 

いま使っている 義肢 や 装具。

これから作る 義肢 や 装具。

 

ずっと同じものを使うの?

痛んだらまた同じものを作れるの?

何年経ったら、作り替えができるの?

 

お使いの義肢や装具の種類によって「耐用年数」が違います。

現在 厚生労働省 で認められている「耐用年数」を一覧にして

みました。

 

 


 

 

   基本的には、下記の表の年数以上 が 経過していれば、ご加入の健康保険や

   福祉手帳 を使っての 作り替えが可能です。

 

 

   ただし、毎日使う 義肢や装具。人によっては痛み方も様々。

 

       「 サイズが少し合わなくなったので、調整したい 」

       「 ベルトの張り付きが悪くなったので、交換したい 」

       「 耐用年数に満たないけれど、修理したい 」

 

   こんな場合は、自費での修理 も承っております!

 

 

   また 義肢 に関しては、下記の表は「新規での再製作が可能な耐用年数」です。

   実は パーツごとに 耐用年数 が違います

 

      (例) ・・・ 義足用フォームカバー ・・・「0.5年

            義足用足部 ・・・「1.5年

 

   これらの交換は 「修理」 という形で、福祉・労災 への 修理申請 が可能 です。

 

 

 

 

意外に知られていない、義肢・装具 の耐用年数。


当社以外で製作した 義肢・装具 でも大丈夫ですので

使用時に 不安や不便 を感じられたら


お気軽にお問い合わせください!!