BLOG

義足セミナー2本立て!

 

こんにちは!西日本の大雨の被害が予想以上で驚いています。

毎年・毎シーズン天災のニュースは聞きますが、近年本当に多いですよね…

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。一日も早い日常が訪れますように。。。

 

 

 

さて、今回は昨今テレビやメディアでも見聞きすることが多くなった メカトロニクス にまつわる記事を書いてみました。

今や耳に馴染んだ感のある『AI』や『3Dプリンター』を使った商品は、徐々に義肢装具の世界にも浸透しつつあります。

動画サイトなどでは3Dプリンターによって製作された義足のソケットやカバー・義足・義手などを目にすることが多くなってきました。また ottobock では、スマートフォンアプリで調節可能な膝継手や足部といった高機能の製品を使用されているユーザーが数多くいらっしゃる時代です。

 

6月は、その注目度やニーズの高さから開催された義足パーツのセミナーに社員と参加してきました。

 

 


 

 

6月24日(日)に行われたオットーボックセミナー2018では、コンピューター制御膝継手(Kenebo・C-Leg・Genium・GemiumX3・Meridium)の『義足メカトロニック時代を掴む』と題し、コンピューター制御膝継手の紹介説明、臨床報告や実際にMeridium(足部)の体験など盛りだくさんな内容で、充実した時間を過ごさせて頂きました。

 

いまやOttobock を代表する C-Leg は4世代目になり、1997年の誕生から早20年が経ちました。世代と共にバージョンアップされ、2016年4月には完成用部品に掲載。国内でも多くのユーザーに愛される膝継手となっています。

以下はセミナーを受講した社員の感想です↓

 

 ****************

 

 

6/24のセミナーでは ottobock社 の最新電子制御製品についての説明と、他社での使用経験・臨床発表が行われました。

C-Leg が完成用部品に認可され年々 C-Legユーザー が増加している中、ottobock社 による支給状況で「やはり労災による支給が断然多いが、地域によっては福祉による支給割合が多いところもある」という報告が印象深く残っています。臨床発表を行った他社による支給に関しての取り組みも聞くことができ、大変参考になりました。

 

S義肢ではH県立リハビリテーションセンターとの連携が強く、歩行訓練を行うために再入院して義足の検討を行うそうで、様々な膝継手を試しユーザーの切断以外の身体状況や生活環境を踏まえた上で C-Leg を必要とする客観的なデータを作っていくとのことでした。そのためにPTがユーザーの職場の確認をするなど協力体制が整っており、最終的に意見書を書く医師が C-Leg を必要と認める判断材料を多く準備するよう取り組んでいるそうです。

M義肢も同様で、現在ユーザーが抱える問題とそれに対する C-Leg の必要性を重要視しています。これは C-Leg 以外にも言える事ですが、様々な膝継手のデモ(試着)を行い他の膝継手では補えない機能を明確にすることで、目的の膝継手の必要性を高めることができます。

 

当社のおいても判定前に様々なパーツのデモを行い歩容の確認や撮影などの判断材料を用意しますが、現状では他県・他社のように高額な高機能パーツの支給決定が通ることは難しいと思っています。しかし今回の臨床発表を通して『労災だから』『便利だから』試すのではなく、ユーザーへの必要性の追求とそこに携わる義肢装具士としての責任を改めて考える機会となりました。

 

↓ ottobock社 コンピューター制御膝継手はこちら ↓

https://www.ottobock.co.jp/prosthetic_le/joint/mpk/

 

 

 

また、新製品として紹介されていたMeridium(足部)の使用経験報告・体験では、模擬下腿義足を使用して歩行体験をしてきました。足部の角度がリアルタイムに反応・変化することが特徴で慣れるまでは不安定さを感じましたが、悪路への順応は大変良く、段差や斜面においても立位バランスが崩れないという特徴は従来の足部との大きな違いでした。

個人的に気になったことですが、エネルギー蓄積型足部と違い蹴りだしの弱さを感じたため推進力は得にくいのではないか?と思いました。現時点ではパーツの大きさや重さの問題もありますが、今後が楽しみな製品です。

 

↓ ottobock社 コンピューター制御足部 Meridium ↓

https://www.ottobock.co.jp/prosthetic_le/joint/mpf/meridium/

 

セミナー報告:桑原

 

 


 

 

そして6月24日(日)はもう一つ、興味のあった膝継手 “VGK(Very Good Knee)”について(株)啓愛義肢材料販売所 のセミナーに参加してまいりました!

 

 

上記では コンピューター制御膝継手 の紹介をさせて頂きましたが、VGKは 電子油圧制御並みのパフォーマンスを発揮する 単軸油圧膝継手 です。

OrthoMobility社ジェイコブ ボンダー氏 による機能説明と臨床映像などを基に、非電子制御のメカニズムまで細部にわたる説明がありました。

 

レバー1つで、①イールディング ②ロック ③サイクリング 3モードの切替が可能 です!

なんてシンプルで楽チン!!

イギリス生まれの膝継手で、名前の由来は 装着された方々が口々に “いい膝だ!” と言っていたからと、これまたシンプル!!!いいですね~~♪♪♪

 

 

また VGK と並んで紹介のあった “VGK-S” には、とても関心を持ちました!!

股離断、大腿切断の短断端の方におススメ というこちら、断端下に油圧シリンダーを付け継手の主要部品を膝上にまとめることで、荷重や振出しにも変化が大きく『義足自体の重さを感じにくくさせる』という点が非常に興味深かったです。

価格もコンピューター制御膝継手に比べたら安価でしたwww

 

VGK

VGK-S



 

 

今回同日開催だったため otttobock 様・啓愛義肢 様 の両セミナーへ、当社の装具士と共に参加させていただきました。

当日お世話になった 両社関係者の皆さま、ご対応いただきありがとうございました!

 

やっぱり新しい技術に触れるとワクワクしますね…7月21日からの学会展示ブースが楽しみです!!

 

 

齋藤 英市

 

 

0 コメント

心のバリアフリー・ファッションショー

 

こんにちは、お久しぶりのブログです!!

前回の平昌パラリンピックの記事から2ヶ月ぶりの更新となりました…

しかしその間、何も活動してなかったわけではないので!

 

今回は2件続けて報告させていただきます〜

 

 

 


 

 

 

先ずは6月1日に開催された『心のバリアフリー・ファッションショー』についてご紹介!

「なぜ社長がファッションショーに?」と社員から疑問の声ありましたが、もちろん私が出るわけではありません!

一度ショーを観たてみかったという事もありますが(プロのモデルさんが見たかったミーハーな下心)、以前ご縁があり映画の相談を受けた 帆根川監督 から連絡を頂き、今回のファッションショー観覧と、なっ、な・なんと!劇場用映画のエキストラとして参加してきました!! 

 

当日は障がいをお持ちのモデルさんが闊歩する華やかなショーを楽しんだあと、障がいや病気と共に生きる映画の主人公がランウェイを目指し進む姿のワンシーン撮影と、世界で活躍する 資生堂トップヘアメイクアップアーティスト原田忠氏 が作り上げるヘアメイクショー見学という、とても濃密な時間を過ごさせていただきました!

(ヘアメイクショーと聞いて、普段は父親の話を聞き流している娘も一緒に参加させていただき、いろいろな体験をして感激していました)

 

 

この作品の趣旨でもあるのですが、建物のバリアフリー化や法律の整備が進んでも【私達の心の中に無意識に生じてしまう障壁】を取り除くのはなかなか難しいことです。

帆根川監督は、ファッションショーのランウェイを目指して進む主人公の力強い姿、物語の中で描かれる人と人の関係性でそれを表現されていました。

互いを知り、尊重し、助け合う『心のバリアフリー』を題材にした作品づくりに触れ、パラリンピック以外の日常でもその精神が浸透して行ければより良い社会になるはずだ…と感じました。そしてそんな社会を創る一員として、我が社もより一層邁進して行きたい!と強く思いました。

映画の公開が楽しみだ~♪

 


 

詳細はこちら ⇒ バリアフリー・フィルム・パートナーズ -私には、翼がある

※『ショー特設ページ』にて、当日の様子がアップされています!

 

 

 


 

 

続いての報告は、6月8日都内某所。

パシフィックサプライ様ターボメド開発セミナー に参加してきました!

 

 

当社ではまだ ターボメドFS3000 のユーザーは少ないですが、今回はカナダ Turbomed Orthotics社 より開発者でもありユーザーでもある Francois Cote氏 を招いて、海外でのユーザーの現状と最新のターボメドを紹介して頂きました。

Turbomed Orthotics社は、主な商品としてターボメドを世界31カ国に展開されており、マラソンや登山などの世界中の下垂足ユーザーに愛される装具として進化し続けている会社です。

今回の開発セミナーは開発者の一人でもある Francoics氏 から、自ら事故にあわれターボメド開発・会社設立に至った経緯や今後の Turbomed Orthotics社 の目標など、細かにお話し頂きました。

 

 

ターボメドFS3000ってどんな装具?

【快適な歩行をサポート ターボメドFS3000】

 

 

ターボメドは世界中の利用状況数が2017年だけで4000本と年々増えており、今後も新商品の投入で更なる飛躍が感じられます。

 

 

 

当社としても、一人でも多くの方々に

今後も継続して良い商品の紹介をしていきたいと思っておりますので!

 

まずは気軽にお問い合わせ下さい!!

 


報告:齋 藤(ターボメド開発者 Francois Cote氏と)

 

 

 

いってきました、平昌パラリンピック!

 

 

はい!タイトルの通りです!

折角なので(?)いってきましたよ~、お隣・韓国で開催された平昌パラリンピック!!

 

 

3月10日に群馬身体障害者スキー大会も無事終わったため、翌週の17~19日と『4年に一度の冬の祭典』に出かけてきました!

肌で感じたのは、オリンピック後のパラリンピックのため町の盛り上がりは…今ひとつ?

毎回オリンピックの閉会で一度盛り上がりのピークを迎えてしまうので、仕方ないのかもしれませんけどね。


 

今回は女子SL(スラローム)と閉会式を予定に行ったのですが、休日だったためチケット販売場所の市役所がまさかのお休み!!

なので閉会式のチケットが取れず現地調達を試みましたが、閉会式を観てから宿泊先のソウルまで移動するとなると高速鉄道の時間が深夜になってしまうため、時間の都合上断念せざることに…

なんてこった…(´□`;)

  

そして女子SL観戦は、ソウルから高速鉄道とシャトルバスを使い約2時間離れた場所にある 

旌善(チョンソン)アルペンセンター へ!

 



 

さすが国際大会のパラリンピック、ゲートのセキュリティが強固!!

会場に持参した水まで係員の目の前で飲んでみせる(危険物じゃない証明)など、いや~国内大会がどれだけ(気軽で)素晴らしいか実感してしまいました…(;^_^A

でも選手・観客の安全や会場の治安を守るため、2年後の東京大会でも実施されることですよね。

先取りで体感できて良かったです、勉強になりました!

 

 

女子アルペンスキーと言えば、今大会の注目は複数のメダルを獲得した 村岡桃佳 選手と、パラ初出場の 本堂杏実 選手

この日は会場の応援席にTシャツ姿の人もいたくらい天気も良かった為、バーンは春スキー並みに滑りにくい状況でしたが、見事!村岡 選手は銀メダル!!

本堂 選手も初出場で8位入賞の大健闘でした! 両選手おめでとうございます!!

 

パラリンピックの会場で国際レベルの滑りを目の前で観戦でき、その中で日本選手の活躍も観られるなど、これは海を渡って来た甲斐がありました…。

 

 


 

 

これから2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、障がい者スポーツも各メディアでますます頻繁に取り上げられる機会が増えていくと思います。

 

選手一人ひとりの努力は勿論ですが、その選手を日々支え続けているご家族やスタッフ皆さんの理解・協力なしでは、メダル獲得の実現も難しいと感じています。

 

 

 

1998年の冬季長野パラリンピックでは、開催国の地力を見せつけたメダルラッシュでした。

盛り上がるであろう東京大会でもあの再現が期待されるのではないでしょうか。

その実現に向け、微力ではありますが『当社ができるサポートを行っていきたい』と改めて思いました。

平昌、観に行って良かった! 2年後の東京大会も楽しみです!!

 

齋 藤

0 コメント

第29回 群馬県障害者スキー大会

 

 

こんにちは!

皆さん、冬季オリンピックご覧になりましたか?

白熱したピョンチャン・オリンピックが閉幕し、今月9日からはパラリンピックが開幕!

 

14日現在、日本のメダル総数7個のメダルのうち4つがアルペンスキーでの獲得です。

前回のソチ・パラリンピックのメダル総数を上回る結果が出ていますし、何といっても 1人で金・銀・銅のメダルコンプリート を成し遂げた 村岡桃佳 選手!!

本当に素晴らしいですね!おめでとうございます\(^o^)/

 

そんな熱い時期に群馬でも、パラリンピックに負けじと 第29回  群馬県身体障害者スキー大会 が3月10日(土)に開催されました!

 

 

 

前日まで雨&強風と天候が不安でしたが、当日の朝は2~3cm程のパウダースノーとカッチカチのアイスバーンにお出迎えされました…(+_+) しかし心配された大会バーンは 宝台樹スキー場 様 ご協力のもと、素晴らしい仕上がりで 準備万端!!

青空広がるスキー場には 地元TV局(群馬テレビ 様)が駆けつけて、ピョンチャンさながらの大会となりました。

 


 

レースは大回転の チャレンジタイムレース(同じコースを2回滑走し、1回目と2回目のタイム差が無い方が上位となる)方式でおこなわれ、障がいの有無に関係なく競い合う白熱のレースが繰り広げられました!

 

レース前走は、来賓挨拶でお越しいただいた みなかみ町町長 前田 様 にお願いして大会を盛り上げて頂きました。

 

前田町長 は地元ご出身でご自身でも大会にエントリーされる スキー上級者!!

参加者24名の皆さんも町長の華麗な滑りに驚き、よりレースへの緊張感を高めていたように感じられました。          

 

前走スタート(前田町長)

レース用マイヘルメットもお持ちの本格派!



 

 

私自身は今回 バイスキー(チェアに人が乗ったスキーを後ろの人が操縦して滑るので、ご自分で滑れない方にも楽しんでいただけるスキー)のスタッフ要員でレースに参加しました。

久々のバイスキー操縦に 日頃の運動不足でヘトヘトでしたが(結構大変なんですよ)、なんとか無事完走\٩(  'ω ' )و // レース結果は20人中14位でした!!

 

1位のEさんが タイム差0.01秒、2位のOさんは0.07秒と、10位までがタイム差1秒の間に入る大混戦の中での 14位 は健闘した方かと思っています!(自画自賛)

 

 

レース後はお腹ペコペコでしたが、東前橋整形外科病院 釜谷先生 のご厚意でお昼には美味しいカレーライスが振る舞われました。

運動の後の食事はただでさえ美味しく感じますが、今回のカレーがまた格別に美味しかった・・・

中には3杯完食した方も(笑) ご馳走さまでした!!


 

 

 

食事の後は、表彰式です。

 

見事優勝は、元パラリンピアン

LW2 の Eさん!

 

おめでとうございます!!


 

今回の優勝は 元パラリンピアンの方 でしたが、群馬大会で導入している チャレンジタイムレース『同じコースを2回ともいかに同じタイムで滑るか』が一番のポイントです。

速い・遅いにかかわらず、優勝のチャンスは皆さん平等!だからこそ燃えます!!

 

 

 

そんな群馬大会も、次回は記念すべき 第30回 です!!

来年も皆さんの参加をお待ちしております!

 

 

参加者・スタッフの皆さん、お疲れ様でした !!!!!

 

 

 

 

報告:齋藤 英市

 

 

 

0 コメント