足指の変形・豆知識

 

あまり嬉しくありませんが、やっと梅雨らしくなって参りました~。

いやいやでも、美味しいお米を作るためにも必要ですよね、雨!

年間通して食欲が衰えない事務員です、コンニチハ!!

 

 


5/25(土)に東京で 株式会社 バンキフ さんの「シリコーンオーテーゼ製作技術セミナー」があり、当社からも2名 参加させていただきました。

事務員は留守番組でしたが、ちょっと興味があるので、参加者の話を聞いたり 資料を見せてもらったり・・・

 

 

その前に、そもそも「オーテーゼってナニ?」という方もいらっしゃると思います。

( 私も2年前までは知りませんでした! )

 

こんな感じの、足の指に装着する装具 ですね。

 

 

( 資料より ) オーテーゼとは?

 

 2種類の基材(シリコン)を混ぜ合わせて免荷(めんか)、保護、補てん、矯正が

出来る オーダーメイドの 趾間(しかん)装具

 

 

 

上写真のチラシのように、一人ひとりの患部に合わせて シリコーン材料を 成型します。

 

今回は 製作セミナーで、痛みの軽減 や 変形の矯正 に対処する方法として実演もあり、参加者も実際にオーテーゼを作ってきました。

この写真の形状 以外にも、症状や患部によって いろんな形を作って対処します。

 

 

さて。

指の間に挟むモノですが、見ただけでは「どんな人が使うの?」って わかりませんよね。

「趾間の変形」で一番有名な症状は、外反母趾(がいはんぼし) ではないでしょうか?

 

実はワタクシ、言葉では耳にしたことがあったり身近な人が外反母趾を患っていたりしても、実際に患部を目の当たりにしたことがなかったので、ちょっと調べてみました。

 

 

症例図:Wikipediaより

 

 

 

 

こ・・・これは見ただけでも痛い・・・!! 

 

 

 

 

母趾 = 親指 のことなので、外反母趾 として一番わかりやすいのは の図でしょうか?

ちなみに 小指が親指側に曲がってしまう のは 内反小趾(ないはんしょうし)と呼ぶそうです。

ひとつ賢くなりました!

 

 

外反母趾自体については、ネットで調べるといろいろ出てくると思うので割愛しますが。

症状が進むと 上の図のように 他の指に重なってしまうそうです。

なのでその 重なりを防ぐために、趾間(指の間)に挟む装具が オーテーゼ

 

 

 

 

 

一番オーソドックスなタイプで

見本を・・・

 

使い方はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

  

2つの材料を混ぜ合わせ、

10分ほどで完成。  

 

 


 

 

これで 外反母趾が治る わけではありませんが、指の重なりが防げるだけでも、だいぶ 痛みが軽減 されるようです。

 

でも「痛くなくなったから」といって、オーテーゼをつけたまま先細りの靴を履いたら

別な意味で 痛いと思いますよ~・・・

( 以前、患者さんでいらしたそうです )

 

 


お仕事などの関係で、ファッション性の高い靴 を長時間履く必要がある方は、結構 足のトラブル を抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

変形にも段階があるので、軽度なうちは ストレッチ や 運動 などで予防も出来るようです。

いまはネットで検索すると、いろいろ動画が出てきますしね。便利!

 

また最近は、足の健康を考えたデザインの靴 もいろいろと増えてきたので、必要に迫られた場面でなければ、足に優しい靴 を履いて労わってあげるのも良いと思います。
これを書きながら、私もたまには 24センチの足裏で この体重を支えてくれている自分の足に 感謝したいと思いました・・・


靴の文化と共に増えてきた足のトラブル。

最近は いろいろなグッズも市販されていますが、オーダーメイドの こんな装具 があることも ちょっと気に留めてみてください!

 


株式会社 バンキフ さん、お世話になりました!!

 

http://bamkifu.com/